バイテク資料室

調査結果・資料集・データ集

2016年日本のトウモロコシ、ダイズ、ナタネ、ワタの輸入量と輸入首位国における遺伝子組換え農作物の栽培割合

2017/05/23更新

  • 【トウモロコシ】
  • (単位:千トン、%)
生産国 輸入量 シェア
アメリカ 11,427 74%
ブラジル 3,734 24%
ロシア 102 1%
その他 79 1%
合計 15,342 100%

アメリカの2015年遺伝子組換えトウモロコシの栽培割合:92%

  • 【ダイズ】
  • (単位:千トン、%)
生産国 輸入量 シェア
アメリカ 2,238 71%
ブラジル 524 17%
カナダ 340 11%
その他 29 1%
合計 3,132 100%

アメリカの2015年遺伝子組換えダイズの栽培割合:94%

  • 【ナタネ(採油用)】
  • (単位:千トン、%)
生産国 輸入量 シェア
カナダ 2,249 95%
オーストラリア 116 5%
アメリカ >1 >1%
その他 0.1 >1%
合計 2,366 100%

カナダの2015年遺伝子組換えナタネの栽培割合:93%

  • 【ワタ(綿実、採油用)】
  • (単位:千トン、%)
生産国 輸入量 シェア
オーストラリア 56 56%
ブラジル 29 29%
アメリカ 8 8%
その他 7 7%
合計 100 100%

オーストラリアの2015年遺伝子組換えワタの栽培割合:100%

*下線のある国は、当該作物について遺伝子組換え農作物の生産がある国を示す

出典:財務省貿易統計、 ISAAA Brief 52報告書