遺伝子組換えの基本情報

遺伝子組換えの背景

遺伝子組換えとは【遺伝子とは】

ところで、おいしいとか、栄養価が高いといった性質は、遺伝子によって決められています。すべての生きものは、細胞という最小単位からできていますが、細胞一つひとつに遺伝子が入っています。遺伝子は、自分自身の特質を決める“設計図”の働きをするもので、親から子へ遺伝すると言う形で受け継がれるため遺伝子とよばれます。この遺伝子の本体がDNAと呼ばれる物質です。
DNAそのものは生きものではなく、化学物質です。糖とリン酸が交互に連なった2本の鎖が、らせん状に並行し、その間に4種類の塩基(アデニン、チミン、シトシン、グアニン)がはしごの横木のように、鎖を結びつけて並んでいます。DNA塩基の並び方が遺伝情報となって形質が決められる仕組みは、基本的にあらゆる生きものに共通したものなのです。