遺伝子組換えの基本情報

遺伝子組換えの背景

遺伝子組換えとは【バイオテクノロジーは21世紀のキーテクノロジー】

バイオテクノロジーは現在、さまざまな分野で最先端技術として脚光を浴びています。
たとえば農業分野では細胞培養遺伝子組換え技術を用いて、新たな品種の開発や、優良な家畜や魚の開発、バイオリアクターを用いた食品素材の効率的生産が可能となり、食糧生産に貢献しています。
また農業分野以外にも遺伝子組換え技術が既に実用化している分野として、たとえばヒトの医薬品としてはインターフェロンインスリン、さらに動物用医薬品や飼料に添加するアミノ酸、実験用マウスなどもあります。
私たちの暮らしに身近な例としては衣料用洗剤の酵素などがあり、既に実用化されているものが多くあります。
環境分野でも生分解性プラスチックや、汚染物質を分解する微生物などが実用化されていて、21世紀に人類が抱える様々な環境問題を解決するキーテクノロジーとしても注目されています。
このように私たちの暮らしの中で、バイオテクノロジーは不可欠の技術になっており、21世紀はバイオテクノロジーの世紀とも言われています。
バイオテクノロジー研究の根幹となるのは、ゲノムを読み解き、有用な遺伝情報をどのように活用するかということです。
わが国でもバイオテクノロジー分野での国際競争力を強化していくために、「バイオテクノロジー戦略会議」を設置しています。この会議ではバイオテクノロジーが今後も進展していくために、医薬、食品などのさまざまな分野で強化策が検討されています。
今後、バイオテクノロジーは、世界の食糧問題や環境問題などさまざまな問題を解決する技術として、また医療分野や工業分野などでも幅広く活用できる技術として、私たちの暮らしに貢献することでしょう。