遺伝子組換えの情報

遺伝子組換えの背景

遺伝子組換え誕生の背景【21世紀に抱える様々な問題】

人口の増加

世界人口の増加(中位推計)

1960年代には30億人余りだった世界の人口は、この40年間で倍増して2001年には61億人を超えました。今後、先進国ではあまり増えないと予想されている人口も、開発途上国ではまだまだ増加する見込みで、2050年には90億人に達するとの予測もあります。

8億人が慢性的な栄養不良

国連の統計によれば、現在10億人近くの人が飢餓状態であると報告されています。また、栄養不足が原因で、世界の子供たち(5歳未満児)の31%が発育の遅れを経験し、25%が低体重、11%が急性の栄養不良である消耗症です(ユニセフ、2008)。今後、人口の増加により、問題はさらに悪化するとみられており、栄養不足の状態にある人々は2020年までに10億人に達すると予想されています。

農耕地の減少

その一方で、農耕地は年々減少しています。利用可能な土地の面積には限界があり、人口の増加によって住宅化や都市化が進んでいます。また、地球温暖化による影響で、砂漠化や、海水面の上昇によって耕地面積が減少しています。

このように、予測される急激な人口増加とは反対に、年々耕地面積は減少しており、今後食糧をどのように確保するか、大きな課題が突きつけられています。