遺伝子組換えの基本情報

遺伝子組換えのメリット

医薬品成分をつくる作物の研究(植物工場)

インスリンインターフェロンなどの医薬品が現在のように安定的、安価に供給できるようになった背景には、遺伝子組換え技術の貢献があります。遺伝子組換え微生物を使って製造できるようになったおかげで、これらの医薬品は多くの方の治療に広く活用されるようになりました。
現在は微生物ではなく、植物を使って医薬品成分を製造する研究が進められています。インスリンインターフェロンをつくる遺伝子を植物に組み込めば、微生物をつかう従来の方法に比べて大幅に製造コストを下げられると期待されています。
植物を使って医薬品や工業製品を製造することを「植物工場」といい、植物工場のシステム確立して有用物質を作り出す本格的な研究が日本でも始まっています。