遺伝子組換えの基本情報

遺伝子組換えのメリット

家畜のエサに適した作物の研究

現在、栽培されている遺伝子組換え作物には、大豆、トウモロコシ、ナタネ、ワタ、テンサイなどがあり、これらは飼料用途でも広く利用されています。
遺伝子組換え技術を用いて、家畜の筋肉の発達に必要なアミノ酸を多く含むトウモロコシ、家畜用のワクチン成分を含み病気を予防する効果のある牧草などの開発がすすめられています。エサとしての機能性を高めたり、より安価なエサの製造に貢献すると期待されます。
日本では、必須アミノ酸の一種であるトリプトファンを多く含む飼料用イネなどの研究も進められています。