【インスリン(いんすりん)】

脊椎動物の脾臓から分泌されるホルモンで、組織でのグルコースの取り込み、酸化やグリコーゲン・脂肪への転換を促進し血糖を低下させる。また、アミノ酸細胞への取り込みを高め、タンパク質性合成を促進する、糖尿病の治療に用いられる。