【インセクト・レジスタンス・マネージメント(IRM)(いんせくとれじすたんすまねーじめんと)】

害虫防除に一つの殺虫剤のみを使用していると、その殺虫剤が徐々に効力を失うことがある。これは、害虫が殺虫剤に対して抵抗性を獲得したために起きる。このような殺虫剤への抵抗性を発達させないための方法がIRMである。IRMは米国環境保護庁(EPA)によって、害虫に強い農作物を栽培する際には実施するよう義務づけられ、作用性の異なる殺虫剤を順番に使う(ローテーション)、又は殺虫剤と共に栽培方法での防除、耕種的防除法を組み合わせる等の方法がとられている。遺伝子組換え農作物を栽培する場合は、畑の中や周囲に非組換え農作物を栽培する「緩衝地帯」を設ける、又はローテーションするなどの方法がある。