【インターフェロン(いんたーふぇろん)】

ウイルス感染に際して、動物細胞が産生するタンパク質の総称。細胞の状態を変えることにより、ウイルスの増殖を阻止する機能を持つ。遺伝子工学の技術によって工業的生産が可能になり、ウイルス肝炎などの臨床薬として用いられている。