【セントラルドグマ(せんとらるどぐま)】

核酸タンパク質の生合成過程で、遺伝情報の流れは一方向であり、いったん情報がコード化されタンパク質に転換すると、その遺伝情報は再度核酸塩基配列を構築することはないという生物則。