【不耕起栽培(ふこうきさいばい)】

農作業において耕起および砕土又は代かきを省略して播種したりする方法。アメリカでは、大豆栽培面積のおよそ30%で土壌浸食を防止するために不耕起栽培が行われている。