【亜急性毒性試験(あきゅうせいどくせいしけん)】

ある物質を約1?3か月繰り返し与えた時に、どのような影響(毒性)が生じるかを動物実験で調べる試験。