【光合成(ひかりごうせい)】

植物によって光のエネルギーが生物学的に利用できる自由エネルギーへと変換されることをいう。代表的な例では光合成によって二酸化炭素と水から有機物が合成される。