【受粉(じゅふん)】

自然状態で被子植物の花粉がめしべの先端に、裸子植物の花粉が胚珠に付着する現象。人工的に花粉をめしべにつけることは授粉という。