【塩基(えんき)】

一般では水素イオンを受け取るもの、もしくは水に溶けてアルカリ性を示す物質をいうが、分子生物学分野では核酸ヌクレオチドのピリミジンあるいはプリンを持った通常塩基性の部分をいう。アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、ウラシル(U)、チミン(T)等があり、DNAを構成するのは、A、G、C、Tの4種。一方、RNAを構成するのはA、G、C、Uの4種。