【変異原性試験(へんいげんせいしけん)】

発ガン性を調べるための予備テストとして行われる。細胞遺伝子(DNA)や染色体の影響を調べる試験で、微生物などを用いて突然変異を起こさないかどうか調べる。必要に応じてげっ歯類や哺乳動物を用いた染色体異常を調べる試験も行う。