【大腸菌(だいちょうきん)】

細菌の一種。ヒトも含めてほ乳類の腸管を寄生場所としている腸内細菌。従来、健康な人の腸管に寄生し、腸管内に存在する限り病原性はない。特に大腸菌K12株(E.coli K-12)は分子生物学やバイオテクノロジーの研究材料として広く利用されてきた。