【慢性毒性(まんせいどくせい)】

ある物質を長期間(1年間)繰り返し与えることによって生じる悪影響のことをいう。慢性毒性試験によって、この悪影響は調査され、同時に毒性が見られない薬量も調べられる。