【染色体(せんしょくたい)】

動植物細胞の有糸分裂の際に観察される、塩基性色素で濃く染まる棒状の構造体。DNAとタンパクからなる染色糸が分裂時に凝縮してできる。遺伝子の担い手となる物質で、一般に細胞は複数の染色体を持つが、その数や大きさ、形は生物種により異なる。