【生分解性プラスチック(せいぶんかいせいぷらすちっく)】

使用中は通常のプラスチックとして使用でき、自然界に放出すると微生物の働きによって最終的に炭酸ガスと水に分解されるプラスチックのこと。医療材料、農業・園芸材料、食品関係にも応用されている。現在開発されているものは、化学合成によるもの、微生物が体内に蓄積する物質を利用したもの、でんぷんなど多糖類を使用するものなど。