【生物農薬(せいぶつのうやく)】

農作物の病害虫や雑草などの生態的防除を行うために、防除すべき対象生物の天敵にあたる生物をそのまま利用する農薬。