【発ガン性試験(はつがんせいしけん)】

実験動物(マウス又はラット)を用いて、長期間(18?30ヶ月)にわたり、ある物質を繰り返し与えた時に、がんが発生するかどうかを調べる試験。