【稔性回復(ねんせいかいふく)】

不稔性(特に雄性不稔、おしべが形成されなかったり、花粉が形成されなかったり等の理由で自家受粉できない性質)の品種に、おしべ形成や花粉形成を妨げる働きを打ち消す性質を持つ品種を交配して、自家受粉できるように品種改良すること。稔性回復性ナタネの場合、遺伝子組換えによっておしべをなくす遺伝子の働きを打ち消すようにしている。