【組織培養(そしきばいよう)】

細胞生物の個体から無菌的に組織片・細胞群を取り出し、適当な条件において生かしつづける技術。動物の組織では薬物の効果を研究したり、ワクチンの製造などに使用されている。植物では、組織の一部からでも完全な植物体を再生する機能が備わっているため、培養中に細胞に生じた突然変異の中から有用な性質を持ったものを選びだし、品種改良などに用いている。また、植物が生産する抗がん剤などの医薬品を大量に製造することも行われている。