【経済協力開発機構(OECD)(けいざいきょうりょくかいはつきこう)】

1961年に、欧州経済協力機構(OEEC)を改組した形で発足した経済協力開発機構は、加盟30ヶ国の政府間機関。1964年には日本も加盟した。その目的は、世界経済の発展、貿易拡大、加盟国の協力による経済発展の途上にある国々の経済発展への貢献。