【育種(いくしゅ)】

有用生物の遺伝的な性質を改良すること。多くの場合、既存の品種の不都合な形質を改良していくことから、品種改良とも呼ばれる。選抜や系統育種だけでなく原種の管理も育種操作には含まれる。現在の主な方法は交雑育種法だが、最近のバイオテクノロジー技術の発展から、遺伝子組換え技術などを用いた育種も盛んに行われている。