【葯培養(やくばいよう)】

植物体のおしべの先から花粉の入った袋である葯を採取して無菌的に培養すること。特定の条件下で培養すると花粉から半数体植物にまで生育できることから、半数体植物を得るために行われる。得られた半数体植物は短期間で品種改良ができるというメリットがある。