【遺伝子工学(いでんしこうがく)】

組換えDNA実験やDNAクローニングなどの遺伝子操作技術を利用する学問分野。1970年以降、分子遺伝学の発展、特に組換えDNA実験技術の開発を契機に、ウイルスや微生物や高等動植物からも多数の遺伝子が単離され、その構造や機能を解析する研究が盛んに行われるようになった。これらの技術は、遺伝子産物の工業生産や生物育種などの実用と結びついた応用研究に至るまで広範な範囲での画期的な進展をもたらすこととなった。