【食品衛生法(しょくひんえいせいほう)】

飲食が原因となる衛生上の危害発生を防止し、公衆衛生の向上および増進に寄与することを目的とする法律。