【IP Handling(あいぴーはんどりんぐ)】

分別流通(Identity Preserved Handling)の略称。遺伝子組換え作物の場合は、生産から食品の製造までの全ての段階で非遺伝子組換え作物に遺伝子組換え作物が混入しないよう施設のクリーニングや機器の専用化など分別管理がなされ、証明されることをいう。