よくある質問 - 未来編

質問

ゲノム編集技術とは何ですか。

回答

ゲノム上のDNAをピンポイントで改変する新しい技術です

ゲノム編集技術により、既存の技術よりもより正確で、効率的なゲノム改変が可能になりました。ゲノム編集技術として、Zinc-Zinger Nuclease(ZFN)、Transcription Activator-Like Effector Nuclease(TALEN)、Clustered Regularly Interspaced Short Palindromic Repeat(CRISPR)-Cas9などが知られています。その中で、その簡便性からCRISPR-Cas9が特に注目されています。

医療を含む多くの分野で研究開発が進められています

医療分野では、疾患モデルマウスの作出や、ヒトの遺伝子異常に起因する疾患、家族性遺伝子疾患の治療を目指した研究が進められています。また農業分野でも、目的の性質を備えた作物や動物の開発を目指した研究が進められています。さらには、マラリア媒介蚊の撲滅など、多岐に渡る分野への応用が検討されています。

活用に向けて国際的な熟慮が重ねられています

最先端技術の常として、その利点の活用に向けては、科学的側面、社会的側面、倫理的側面に照らし合わせて科学者、政策決定者、および一般市民の間で十分に議論することが重要です。ゲノム編集技術についても、技術が内包する懸念点や、科学に基づいた国際的な規制の調和もOECDなどを介して議論されています。

(出典)
Technical Summaries of New Plant Breeding Techniques-NBTs June 2014
The Age of Gene Editing?【PDF】
・「新しい植物育種技術を理解しよう」江面浩ら編 2013年 国際文献社

基礎編

食品・飼料編

環境編

未来編

検証編

Pagetop