バイテク情報普及会について

セミナー・イベント

2005/05/26更新

バイテク情報普及会 遺伝子組み換え作物に関するメディアセミナーを開催しました

バイテク情報普及会は4月27日、メディア関係者を対象に、遺伝子組み換え作物に関するセミナーを都内の会議施設にて開催しました。

このセミナーは、"遺伝子組み換え"に関する消費者の認識で重要な役割を担うメディア関係者を対象に、遺伝子組み換え技術などのバイオテクノロジーに関する事実に基づく科学的な情報提供を目的に開催したもので、新聞記者やテレビ関係者など約30名の参加がありました。

第1回目となる今回は、01年設立以来の当会のPA(パブリックアクセプタンス:社会的受容)活動への取り組みについて事務局が説明を行った後、独立行政法人農業生物資源研究所の田部井豊氏を講師に招き、「日本における遺伝子組み換えの現状と課題について」の講演を行いました。

質疑応答では、日本における花粉症緩和米の研究状況をはじめ最近の欧州の動きや諸外国の情勢などについての質問に対して情報を提供しました。

バイテク情報普及会では、今後もメディアセミナーを定期的に開催し、遺伝子組み換え技術などのバイオテクノロジーに関する事実に基づく科学的な情報提供のための活動を行っていく予定です。