バイテク情報普及会について

セミナー・イベント

2016/11/07更新

バイテク情報普及会、「バイテク作物商業栽培20周年記念セミナー」を開催

バイテク情報普及会は2016年9月12日、都内でバイテク作物商業栽培20周年記念セミナーを開催しました。第一部では、世界および日本のバイテク作物20年の歴史を、国際アグリバイオ事業団(ISAAA)会長ポール・テン氏および農研機構 遺伝子組換え研究推進室 主席研究員、田部井豊氏の講演により振り返りました。

ポール・テン氏

ポール・テン氏

田部井 豊氏

田部井 豊氏



続く第二部では、日本の各界を代表する方々から今後のバイテク作物技術に期待するところを明らかにしていただきました。ご講演いただいたのは、農業経済学の立場から東大大学院 農学生命科学研究科 教授本間正義氏、産業界を代表してバイオ産業人会議 世話人代表荒蒔康一郎氏、行政から農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究開発官水元伸一氏、研究機関を代表して農研機構 生物機能利用研究部門 研究部門長の門脇光一氏、生産者として北海道北見市の農業経営者 小野寺靖氏、消費者の立場から、食のコミュニケーション円卓会議 代表市川まりこ氏でした。

本間 正義氏

本間 正義氏

荒蒔 康一郎氏

荒蒔 康一郎氏



水元 伸一氏

水元 伸一氏

門脇 光一氏

門脇 光一氏



小野寺 靖氏

小野寺 靖氏

市川 まりこ氏

市川 まりこ氏



引き続き、第三部では、本間教授の司会進行により、「各界からの期待を実現するには」をテーマに、講演者によるパネルディスカッションをおこないました。その後、会場からの質疑応答の機会をもうけ、最後に本間教授に全体を総括していただき閉会しました。

パネルディスカッションの様子01
パネルディスカッションの様子02

パネルディスカッションの様子



講演内容の概略は以下の報告書(PDF)をダウンロードの上、ご覧ください。
https://cbijapan.com/material/dl/report/20161107/160912_CBIJ_seminar_report.pdf