日本の遺伝子組換え

遺伝子組換えの表示

表示制度はなぜつくられたか

遺伝子組換え農作物が、日本で流通する食品に使用されるようになったのは、1997年からです。当時は厚生省(現・厚生労働省)によって安全性が確認された遺伝子組換え農作物(除草剤の影響を受けない大豆や害虫に強いトウモロコシなど)が輸入されており、安全性が確認されたものにわざわざ表示をするのはかえって誤解を招く、ということから表示は義務付けられていませんでした。
その後、消費者団体等から「どの製品に遺伝子組換え農産物を用いているのか、知りたい」という要望が寄せられるようになり、農林水産省によって消費者の代表や生産・流通業者、専門家による表示問題懇談会が設けられて、1997年より2年半にわたる議論が行われました。その結果、JAS法を改正して遺伝子組換え食品の表示制度を盛り込むことを決め、2001年4月から表示制度が本格的にスタートしています。
http://www.maff.go.jp/j/jas/hyoji/pdf/tuuti_a.pdf
また厚生労働省でも、食品衛生法において、JAS法と同じ内容の表示制度を同時期から実施しています。
http://www.mhlw.go.jp/topics/0103/dl/tp0329-2.pdf