日本の遺伝子組換え

遺伝子組換えの環境への影響

生物多様性影響についての評価

生物多様性(環境)に対する影響については、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(カルタヘナ法)」に基づいて安全性が確認されます。遺伝子組換え農作物については、農林水産省と環境省が承認を行います。 開発者は、利用する作物や遺伝子の性質を明らかにした上で、生育特性や生殖特性、交雑性などに関するデータを収集して、環境に対する影響を調べます。その結果が農林水産省に提出され、専門家による審査が行われます。

遺伝子組換え農作物の生物多様性影響評価の流れ

遺伝子組換え農作物の生物多様性影響についての評価