日本の遺伝子組換え

遺伝子組換えの家畜飼料への影響

遺伝子組換え作物に対する安全性の確認は、生物多様性影響(環境に対する安全性)の評価と食品及び飼料としての安全性の評価に大別されます。そして、これらの安全性評価は、個々の遺伝子組換え作物ごとに行われています。 日本での遺伝子組換え作物の審査は、生物多様性影響は農林水産省と環境省が行い、飼料としての安全性は農林水産省、食品としての安全性は厚生労働省が行います。 また、こうした安全評価は経済協力開発機構OECD)および世界保健機構(WHO)、国連食糧農業機関FAO)による国際基準に沿って、組み換えられる前の作物との比較等によって行われています。