よくある質問

基礎編

遺伝子組換え作物はどのようにして作られますか。

遺伝子組換え作物は、ある生物から目的とする形や性質に関わる遺伝子を見つけ、その遺伝子を改良したい農作物の細胞に導入し、目的の形質がねらい通りに現れたものを選抜して作ります。遺伝子を導入する方法には、アグロバクテリウム法やパーティクルガン法などがあります。

①.アグロバクテリウム法

アグロバクテリウム法は、アグロバクテリウムという微生物が持つ、「植物の細胞に自分の持つDNAを送り込むことができる」という性質を利用した方法です。

アグロバクテリウム法

②.パーティクルガン法

パーティクルガン法は、目的の遺伝子を付着した金の微粒子などを高圧ガスなどの力で植物細胞に打ち込むことで、遺伝子を組み込みます。

パーティクルガン法

  • TOPへ戻る