よくある質問

基礎編

どれくらいの遺伝子組換え作物が日本に輸入され、どのような食品に利用されていますか。

日本では1996年から遺伝子組換え作物を利用していますが、法的には認められているものの、観賞用の花(青いバラ、青いカーネーション)を除き、商業的な栽培はされていません。したがって、日本で食品として利用されている遺伝子組換え作物はすべて外国からの輸入によるもので、日本が輸入する年間穀物量(約3,100万トン)の半分以上が遺伝子組換え作物であると推定されます。

◆日本の遺伝子組換え(GM)作物の輸入量推定:2014年

作物 日本への主要輸出国 作物の総輸入量(単位:千トン)(A) うち、GM作物の推定輸入量(単位:千トン)(B) GM作物推定輸入比率(C)
トウモロコシ 米国、ブラジル 15,035 12,528 83%
ダイズ 米国、ブラジル、カナダ 2,828 2,578 91%
ナタネ カナダ、オーストラリア 2,411 2,170 90%
ワタ オーストラリア、アメリカ 111 94 85%
合計 20,385 17,371 85%

(B): 各国からの輸入量に、其々の輸出国での2013年のGM作物の栽培比率を掛け、足し合わせた数量

(C): 遺伝子組換え作物の推定輸入量(B)を、その作物の総輸入量(A)で割って得られた比率
(出典:財務省貿易統計Brief46 Global Status of Commercialized Biotech/GM Crops: 2013

日本に輸入された遺伝子組換え作物は、家畜の飼料や、食用油、しょうゆ、コーンスターチ(でんぷん)、コーンシロップ、などといった私たちにとって身近な食品に数多く利用され、日本の食を豊かにしています。

●もっと詳しく
日本は遺伝子組換え作物をコメ消費量の倍も輸入する消費大国です
遺伝子組換え作物は、様々な食品に活かされ、日本の「食」を支えています

  • TOPへ戻る