写真:ゴールデンライス

写真:ゴールデンライス

スイセンの遺伝子を組み込んでベータカロチン(体内でビタミンAに変換する物質)を産出するように作られた遺伝子組み換えイネで、コメが黄金色をしていることから「ゴールデンライス」と名づけられた。
開発途上国では、ビタミンA不足による疾病が深刻な問題となっているため、ビタミンA不足を解消するひとつの手段として、現在、企業や科学者が協力して開発に取り組んでいる。

ゴールデンライス1
ゴールデンライス1

※使用ご希望の方は事務局までご連絡ください。

2010/12/17up

ゴールデンライス2
ゴールデンライス2

※使用ご希望の方は事務局までご連絡ください。

2010/12/17up

ゴールデンライス3
ゴールデンライス3

※使用ご希望の方は事務局までご連絡ください。

2010/12/17up

ゴールデンライス4
ゴールデンライス4

※使用ご希望の方は事務局までご連絡ください。

2010/12/17up

Pagetop