世界各国の最新研究状況【インド】

産官学をあげて活発に研究に取り組む

インドでは20以上の学術機関や研究機関、7つの民間企業が遺伝子組換え作物に取り組んでいるとインド・バイオテック・コンソーシアム(Biotech Consortium India Ltd.)は報告しており、ワタ、緑豆およびトマトのウイルス抵抗性、イネ真菌病に対する抵抗性およびジャガイモの栄養改善など、活発に研究されています。