世界各国の最新研究状況【イラン】

イネだけではなく、多くの研究が進行中

イランでは、23ヵ所の研究機関で、140人を超える多くの研究者が複数のバイテク作物を研究しています。2005年には世界で初めて遺伝子組換えイネが商業栽培されましたが、これは数多くの研究の中の先駆けのひとつにしか過ぎません。今後の開発が期待されます。(ISAAA)