世界各国の最新研究状況【日本】

花粉症緩和米の開発

日本では特に、イネの遺伝子組換えの研究が盛んに行われていて、いもち病や白葉枯病などに強い品種や、冷害の影響を受けにくい品種、草丈が低くて倒伏しにくい品種、稲作に適さないアルカリ土壌でも育つ品種、塩害に強い品種など、様々なイネが遺伝子組換え技術によって開発されています。これらの遺伝子組換え作物が開発されれば、従来よりも収穫量が増えたり、これまでは稲作ができなかったような土地でもイネを栽培できるようになると期待されています。
このような食糧増産に貢献する研究のほかに、農林水産省が現在、積極的に開発を進めているのが「スギ花粉症緩和イネ」です。このコメを定期的に食べれば花粉症によるアレルギー反応を抑えることができるという画期的なイネの研究が進めば、安価でしかも手軽に花粉症対策が可能になると期待されています。今や日本国民の5~6人に1人は花粉症とも言われており、研究主体である(独)農業生物資源研究所には、商品化を待ち望む声が多数寄せられているそうです。
スギ花粉症緩和イネは2005年と2006年に、隔離圃場で試験栽培を行い、環境に対する安全性を確認しました。その後、タンパク質の分析を行い、食品としての安全性も確認しました。また、マウスにこのコメを摂取させた後、スギ花粉アレルゲンへの反応を調べたところ、くしゃみが約1/3~1/4になるなど、普通のコメを摂取したマウスと比較して、概して症状が軽く、花粉症緩和としての機能も明らかになりました。2007年には、医薬品であるとの判断を受け、さらに今後、花粉症の自然発症をしたサルを用いた給餌試験などを行う予定です。

さらに、家畜にとって重要なアミノ酸を増強し、飼料用途に適したイネを開発する研究や、環境問題に貢献する開発(バイオレメディエーション)として、根からカドミウムを吸収して土壌を浄化するイネの研究なども行われています。イネは全ゲノムが解読されて、今後はその遺伝情報を活用していく段階です。遺伝子組換え技術を用いることによって、イネの活用分野はより多岐にわたるものになると期待されます。

農業生物資源研究所HP
http://www.nias.affrc.go.jp/gmo/gmotop.html