遺伝子組換え関連情報資料

遺伝子組換え表示(任意)に関する消費者調査(2018年・バイテク情報普及会)

バイテク情報普及会は、現在消費者庁が検討している従来の「遺伝子組換えでない」に代わる、遺伝子組換え原料混入率5%以下の場合の任意表示案について、消費者がその表示をどうとらえているのか、また消費者がその表示案を目にすると遺伝子組換え作物や原材料の安全性についてどう感じるか、全国の男女約4000名を対象としたインターネット調査を実施しました。

調査結果は以下リンクよりご覧になれます。

遺伝子組換え表示(任意)に関する消費者調査【PDF

Pagetop