遺伝子組換え作物の安全性

健康への安全性

これまで20年以上、遺伝子組換え (GM) 作物は食品や飼料として利用されており、健康に悪影響を与えたと確認された事例は1例もありません。厳しい安全性審査を経た製品のみが流通しており、その安全性は世界中の専門家により担保されています。

環境への安全性

遺伝子組換え (GM) 作物の利用による環境への影響、例えば農薬使用量の変化や生物多様性への影響は、詳細に調べられています。GM作物は、環境負荷がより低く、持続可能な農業を可能にしていることが明らかになっています。

安全性についての誤解

遺伝子組換え作物について、「危険である」「影響は未知だ」「よく分からないが不安」という意見もしばしば目にします。これらには誤解もあれば、感情や個人的信条に基づく場合もあることでしょう。ここでは、その判断の一助として、これまでに蓄積された科学的な見解についてご紹介いたします。

Pagetop