遺伝子組換え作物の法制度

国際条約

遺伝子組換え技術の安全な利用のため、国連やOECDWTOなどの枠組みを通じて様々な国際的な規制が定められています。その概要と、その中で特に生物多様性条約とカルタヘナ議定書について解説いたします。

日本の法制度

日本で遺伝子組換え作物を利用するには、環境に対する安全性(生物多様性への影響)、食品としての安全性、飼料としての安全性について、科学的な評価を行うことが法律で定められています。この審査をクリアした遺伝子組換え作物だけが日本へ輸入され、国内での流通、利用、栽培などを許されます。

世界各国の法制度

遺伝子組換え作物の管理や安全性の審査、さらにそれらを利用した食品の表示等に関して、各国がそれぞれの実情に応じた法制度を設けています。

Pagetop