世界での栽培状況

1996年に商業栽培が開始されて以来、遺伝子組み換え作物は世界中で急速に栽培面積を伸ばしてきました。ダイズ、トウモロコシ、ワタ、ナタネなどが主要な遺伝子組み換え作物であり、除草剤耐性品種と害虫抵抗性品種、あるいはそれらを組み合わせたスタック品種が最も利用されています。

国別の栽培面積

2019年現在、遺伝子組み換え(GM)作物は世界29カ国で合計1億9,000万ha以上の農地で栽培されています1。北米および南米の国々において特に大規模に栽培されていますが、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの国々でも栽培が行われています。GM作物の商業栽培が開始された当初は、先進工業国における栽培が大部分を占めていましたが、現在では発展途上国における栽培面積が先進工業国を上回っています。

2019年における遺伝子組み換え作物の栽培国

2019年における遺伝子組み換え作物の栽培国

「ISAAA Brief 55: Global Status of Commercialized Biotech/GM Crops: 2019」をもとにバイテク情報普及会とりまとめ

2019年における各国の栽培状況

「ISAAA Brief 55: Global Status of Commercialized Biotech/GM Crops: 2019」をもとにバイテク情報普及会とりまとめ
順位国名栽培面積
(万ha)
栽培作物
1 米国 7,150 トウモロコシ、ダイズ、ワタ、アルファルファ、ナタネ、テンサイ、ジャガイモ、パパイヤ、スクワッシュ、リンゴ
2 ブラジル 5,280 ダイズ、トウモロコシ、ワタ、サトウキビ
3 アルゼンチン 2,400 ダイズ、トウモロコシ、ワタ、アルファルファ
4 カナダ 1,250 ナタネ、ダイズ、トウモロコシ、サトウキビ、アルファルファ、ジャガイモ
5 インド 1,190 ワタ
6 パラグアイ 410 ダイズ、トウモロコシ、ワタ
7 中国 320 ワタ、パパイヤ
8 南アフリカ 270 トウモロコシ、ダイズ、ワタ
9 パキスタン 250 ワタ
10 ボリビア 140 ダイズ
11 ウルグアイ 120 ダイズ、トウモロコシ
12 フィリピン 90 トウモロコシ
13 オーストラリア 60 ワタ、ナタネ、ベニバナ
14 ミャンマー 30 ワタ
15 スーダン 20 ワタ
16 メキシコ 20 ワタ
17 スペイン 10 トウモロコシ
18 コロンビア 10 トウモロコシ、ワタ
19 ベトナム 10 トウモロコシ
20 ホンジュラス <10 トウモロコシ
21 チリ <10 トウモロコシ、ナタネ
22 マラウイ <10 ワタ
23 ポルトガル <10 トウモロコシ
24 インドネシア <10 サトウキビ
25 バングラデシュ <10 ナス
26 ナイジェリア <10 ワタ
27 エスワティニ <10 ワタ
28 エチオピア <10 ワタ
29 コスタリカ <10 ワタ、パイナップル
合計19,040

1996年‐2019年までの各国の栽培面積の推移

1996年‐2019年までの各国の栽培面積の推移

1996年‐2019年までの各国の栽培面積の推移
こちらをクリックすると、この表を別画面でご覧になれます

作物別の栽培面積

作物別に見ると、ダイズ、トウモロコシ、ワタ、ナタネの順に、GM作物の栽培面積が大きくなっています。世界で栽培されている品種のうち、ダイズのおよそ7割、ワタのおよそ8割、トウモロコシのおよそ3割をGM品種が占めています。

1996年‐2019年までの作物ごとの栽培面積の推移

1996年‐2019年までの作物ごとの栽培面積の推移

「ISAAA Brief 55: Global Status of Commercialized Biotech/GM Crops: 2019」をもとにバイテク情報普及会とりまとめ

2019年における主要作物の総栽培面積に対する遺伝子組み換え品種の割合

2019年における主要作物の総栽培面積に対する遺伝子組み換え品種の割合

「ISAAA Brief 55: Global Status of Commercialized Biotech/GM Crops: 2019」をもとにバイテク情報普及会とりまとめ

形質別の栽培面積

「形質」とは、遺伝子組み換え技術によって導入した性質のことです。たとえば「除草剤耐性」、「害虫抵抗性」などが形質です。GM作物の商業栽培開始以降、除草剤耐性が常に最も利用されてきた形質です。当初は、除草剤耐性害虫抵抗性などの形質を一つだけ含む品種が栽培されていましたが、近年では複数の形質を併せ持つ「スタック」品種の割合が増えています。

1996年‐2019年までの形質ごとの栽培面積の推移

1996年‐2019年までの形質ごとの栽培面積の推移

「ISAAA Brief 55: Global Status of Commercialized Biotech/GM Crops: 2019」をもとにバイテク情報普及会とりまとめ

1ISAAA Brief 55: Global Status of Commercialized Biotech/GM Crops:2019
https://www.isaaa.org/resources/publications/briefs/55/default.asp

Pagetop