遺伝子組換え作物の利用

実用化と開発の状況

これまでに、様々な作物で様々な性質を持つ遺伝子組換え品種が実用化されています。それらの品種について、開発中の遺伝子組換え品種についても交えながらご紹介いたします。

世界での栽培状況

1996年に商業栽培が開始されて以来、遺伝子組換え作物は世界中で急速に栽培面積を伸ばしてきました。ダイズ、トウモロコシ、ワタ、ナタネなどが主要な遺伝子組換え作物であり、除草剤耐性品種と害虫抵抗性品種、あるいはそれらを組み合わせたスタック品種が最も利用されています。

日本での利用状況

日本では、トウモロコシ、ダイズ、ナタネ、ワタなどの主要作物は海外からの輸入に大きく依存しており、その大部分が遺伝子組換え品種と推定されています。国内では食用油やデンプン、家畜の飼料として利用されており、私たちの食に欠かせないものとなっています。

Pagetop