高校生科学教育大賞

バイテク情報普及会は、持続可能な農業の実現や食料の安定供給に貢献するバイオテクノロジーの重要性をご理解いただくため、様々な活動を行っております。その一環として、これからを担う高校生の皆様に「植物バイオテクノロジー」と「持続可能な農業」とについてより深く学び考えるきっかけとしてもらうことを目的に、2017年に「高校生科学教育大賞」を設立し、毎年支援対象校を公募しています。

第5回 高校生科学教育大賞 授賞校決定 第5回 高校生科学教育大賞 授賞校決定

バイテク情報普及会は、第5回高校生科学大賞の授賞校を選考致しましたので、その結果をお知らせいたします。

第5回となる本年は、全国各地の高等学校から合計19件の応募を頂きました。小泉 望氏(大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 教授)、小島 正美氏(食生活ジャーナリストの会・前代表)、高島 賢氏(農林水産省 消費・安全局 農産安全管理課 審査官)の外部委員及びバイテク情報普及会 会員企業から成る選考委員会において、各校より提出された申請書類に基づき厳正な審査を重ねた結果、下記の高等学校を授賞校に選定し表彰するとともに、最優秀賞の昭和学院中学校・高等学校(千葉県市川市)に申請額の全額となる100万円を、優秀賞の貞静学園高等学校(東京都文京区)ならびに山形県立置賜農業高等学校(山形県川西町)にそれぞれ申請額の一部となる10万円の活動費用を支援することを決定いたしました。
本年も多くの高等学校より、植物バイオテクノロジーや持続可能な農業への理解が促進されるような素晴らしい活動計画や研究のご応募を頂きましたこと、心よりお礼申し上げます。

募集時のページはこちら

バイテク情報普及会 第5回高校生科学教育大賞 授賞校一覧

最優秀賞(申請金額の全額となる100万円を支援)

昭和学院中学校・高等学校(千葉県市川市)
学内植物工場設立を目指した分子生物実験環境の構築とPCR 実験講座の開講

選考理由:「生徒が運営に携わる植物工場」を校内に設立することを目指す活動。植物バイオテクノロジーに関する豊富な要素が入り、基礎と応用がバランス良く盛り込まれている。新型コロナウイルスにより誰もが知るようになったPCRの実験は生徒たちの興味関心を引く。また、実験等を在校生だけではなくオープンスクールでも実施するなど、拡がりも感じられる。既に保有している設備を効率よく活用するなど、実現性が高い。

企画概要書

優秀賞(各校に申請金額の一部となる10万円を支援)※順不同

学校名 活動名 選考理由
貞静学園高等学校
(東京都文京区)

「茗荷谷のミョウガはどこだ?」バイオテクノロジーを応用した遺伝資源の探索と育種・育苗

「茗荷谷のミョウガ」という、学校が所在する地名の由来となっているミョウガに着目し、生態学的調査から組織培養まで幅広い取り組みである点がユニーク。江戸東京野菜入りを視野にいれた地域振興的な観点からも評価。
山形県立置賜農業高等学校
(山形県川西町)

植物バイオテクノロジー学習を活かしたウイルスフリーダリア(無病苗)普及拡大への挑戦

生徒主体でありバイオテクノロジーの社会実装に焦点を当てた活動である点が評価できる。農業経営な側面等拡がりを感じる。学校youtubeチャンネルの活用など情報発信等、普及啓発もしっかり考えられている。

審査員特別賞(1万円の図書券を進呈)※順不同

学校名 活動名
広島県立西条農業高等学校
(広島県東広島市)
細菌の力で養鶏と農業の循環モデルを形成~廃棄羽毛からオリジナル肥料開発を目指して
大阪教育大学附属高等学校
天王寺校舎(大阪府大阪市)
シロイヌナズナを用いた高等学校生物「花の形態形成」単元の授業開発

(参考)過去の受賞校一覧

2021年 高校生科学教育大賞に関するお知らせ

Pagetop