イベント一覧

イベント出展:中高生の学会「サイエンスキャッスル2016」関東大会

バイテク情報普及会は、2016年12月24日(土)にTEPIA先端技術館にて開催された中高生のための学会である「サイエンスキャッスル2016関東大会(https://s-castle.com/castleeast2016/)」に情報提供ブースを出展しました。本大会には、53校から137演題の研究発表が集まり、総勢485名が参加され、多くの中高生、教員、一般の方々がバイテク情報普及会のブースに足を運んでくださいました。ブースでは遺伝子組換え作物に関する様々な資料の配布や動画(https://cbijapan.com//data/movie)の上映、日本における遺伝子組換え作物の輸入状況や使用状況、品種改良技術としての遺伝子組換え技術、専門家による遺伝子組換え作物の安全性の確認方法などについて情報提供を行いました。また、クイズ形式のアンケートを実施したところ、110名以上の方が回答してくださいました。

参加者からは、遺伝子組換え作物に関する期待や不安を含む様々なご意見を伺うことができました。教員の方の中には、遺伝子組換え作物を授業中にディベートの議題としている方、学生時代に遺伝子組換え技術に関連した研究をされていたという方、遺伝子組換え作物の隔離試験ほ場を見学したことがある方も見られました。また、遺伝子組換え作物に関する誤った情報がありふれている現状を懸念するとともに、遺伝子組換え作物に関する正しい情報を提供することの重要性を強調された教員の方もいらっしゃいました。

サイエンスキャッスル2016関東大会 バイテク情報普及会ブース
◆掲示ポスター(PDF
◆テスト形式アンケート用紙(PDF

Pagetop