新着情報

南アフリカ共和国 遺伝子組み換え品種の栽培や研究が積極的に進む

南アフリカ共和国における遺伝子組み換え農作物の栽培や開発に関するレポートが米国農務省より発表されました。それによると現在、南アフリカ共和国で栽培されるワタの92%、トウモロコシの44%、ダイズの59%が遺伝子組み換えとなっています。生産者が遺伝子組み換え作物を好むのは、わずかな投資で大きな収穫が得られることや、従来の品種に比べ管理が容易なことによります。

ワタは、2006年の遺伝子組み換え品種の利用割合が92%で、その内訳は、害虫抵抗性除草剤耐性の両方の性質を兼ね備えた品種は40%で最も多く、害虫抵抗性だけを持つ品種は39%、除草剤耐性だけを持つ品種は13%です。

ダイズは2006年の総作付面積は21万4000ヘクタールで、そのうち約79%が遺伝子組み換えダイズでした。

トウモロコシは2006年の総作付面積270万ヘクタールのうち、44%に相当する120万ヘクタールで遺伝子組み換え品種が栽培されました。遺伝子組み換えトウモロコシのうち77%がBtトウモロコシで、残り23%が除草剤耐性トウモロコシです。南アフリカ共和国の商業栽培農家約8000戸と約240万戸の零細農家が現在遺伝子組み換えトウモロコシを栽培しています。
南アフリカ共和国の人々は通常、飼料用に黄トウモロコシを、食用に白トウモロコシを栽培します。白トウモロコシで作るオートミールに似たトウモロコシ粥は、ほとんどの南アフリカ人の主なデンプン源です。
農家は、黄トウモロコシと白トウモロコシの両方を栽培する場合、両品種が混ざらないような管理を行っています。市場価格の高い白トウモロコシに、黄トウモロコシが偶発的に存在してもそれが3%未満であれば、価格は保たれます。そこで、白トウモロコシへの黄トウモロコシの混入を防ぐために、農家は距離を離したり、栽培時期をずらしたり、畑の間に緩衝帯を設けたりして対応しています。このような経験から、南アフリカ共和国政府は、承認された遺伝子組み換え作物の管理は、農家の手にゆだねています。
南アフリカ共和国では、国内市場の需要にこたえる新たな遺伝子組み換え作物を開発するために、民間や公共の研究機関で研究が行われているところです。具体的には、トウモロコシ、メロン、雑穀、ルピナス種子、ダイズ、イチゴ、サトウキビ、ワタ、リンゴ、トマト、ソルガム、コムギ、ジャガイモおよびブドウの新品種の作出を目指しています。

米国農務省の海外農業サービス(FAS)
http://www.fas.usda.gov/gainfiles/200707/146291657.pdf

Pagetop